高タンパク質はクリアしているのか

高タンパク質のドッグフードも、お肉が入っている分量で良いものか悪いものか把握できます。安易に購入して与えてしまうことで反対に愛犬の健康を害してしまうものあります。高タンパク質のドッグフードは、基本的にお肉の量が多いことが絶対条件ですが、高タンパク質ということで、卵や乳製品などでたんぱく質を補っているものがあります。このようにお肉以外で補っている商品は、結果的にアレルギーを引き起こしてしまう可能性が高くなります。これまで何もなかったのに高タンパク質のドッグフードに変えてから、アレルギー体質になってしまったという犬もいますが、これはお肉の分量が低いものを与えてしまっているためなのです。リスクを負うのは、愛犬ですので飼い主がしっかりドッグフードの役割を把握して認識しておかなければなりません。せっかく健康維持のために高タンパク質のドッグフードを与えても、病気になってしまってはもともこもありません。

高タンパク質のドッグフードに関しては、低炭水化物のものを選ぶ必要があります。例えば穀物類を多く含んでいるものは消化がしっかりできずに消化不良を起こしてしまいます。下痢が続いてしまうことや、食欲がなくなるなどの症状が出てきます。犬というのは肉食動物で、時代の流れで食事も変化してきていますが体の機能は肉食のままです。穀物類を多く与えてしまうと当然消化不良を起こしてしまいますので、こうしたことは飼い主がきちんと理解しておかなければいけません。

お肉の種類は何がいいのか

基本的に、犬がアレルギーをもっていないのでしたらお肉の種類はチキンでもラムでも良いと考えます。同じように両方ともいくつかメリットがあります。高タンパク質のドッグフードでは、ラム肉やチキンを多く使っていることが一般的です。チキンは犬でしたら好き嫌いなく、食いつきがいいですしチキン自体の味も犬が好む味となっています。食いつきが良いことで毎日の食事として与えることに適しています。反対に少し癖があるのがラム肉ですが、チキンよりも消化は良いとされていますので、問題はありません。消化がよいので、便秘の改善にもなりますし消化不良を起こすことがありません。

飼い主がどちらのお肉を選んであげるのかは肉自体の癖や成分によっても違いますし、犬の食いつきによっても違います。愛犬が好んで食べそうな方を与えることが一番大切です。また、価格にも問題ないようでしたら毎日の食事として続けて与えていく事が大切です。健康維持や病気の予防策として高タンパク質であるラム肉やチキン使用のドッグフードを与えるようにしていきましょう。高タンパク質のドッグフードだからといって、どのタイプのドッグフードでも良いと言うわけではありません。愛犬に合った物を少しずつでも良いですので探していきましょう。

お肉の入っている量をしっかり見る

高タンパク質のドッグフードでも、種類はたくさんありますので選ぶ時にはお肉の比率で高いものを購入するようにしましょう。高タンパク質のドッグフードと言われているものに関しては、お肉が半分以上入っていることがポイントとなります。半分以下ですと、高タンパク質のドッグフードとは言えません。高タンパク質のドッグフードといっても卵や乳製品などを多く使っているものは、避けましょう。

犬の食事には、お肉をメインにしてある高タンパク質のドッグフードを与えるようにしましょう。炭水化物を含んでいるものでも、トウモロコシや小麦など一切使っていないものを与えるのは良いです。しかしこれもお肉の量が多めで、炭水化物の量が少なめのものを選んで購入するようにしましょう。炭水化物が低いものは、消化率がとてもよくて、無駄のない栄養価を摂取することができます。多くのドッグフードには炭水化物が多く含まれていますので排便したときにわかりますが、量が多くなることが特徴的となります。

卵や穀物類などは、栄養価が高いものですが、犬にとっては体には、あまり良い影響を与えるものではありません。成分の量や、犬に与えても良いものか悪いものかの知識を持つことも飼い主には大切なことです。

高タンパク質のドッグフードについて

高タンパク質のドッグフードのどこが良いのか。ドッグフードの中でも高タンパク質のドッグフードが理想のものだと言われています。これにはきちんと理由があり、犬はもともと肉食動物です。近年では、野菜や穀物もドッグフードの中には含まれていますがこれは時代とともに飼い犬として育てられる中で、残飯などを与えられて雑食に変化したと言われています。基本的に犬は飼い主を信頼して、嗅覚で確認し食べられるものだとはんだんすればなんでも口にしてしまいます。しかしなんでも食べるからと言っても、体のつくりは肉食動物のままなのです。このことから穀物類を消化することに関しては体の機能として発達していません。

このため、ご飯やパンなど人間が口にするものを与えた場合に消化不良を起こして下痢になってしまうことがあるのです。またアレルギーを引き起こしてしまう理由としても、肉以外の食べ物を与えるからだと言われています。犬の体を気遣うのでしたら、できるだけ肉を多く含んだドッグフードを与えるようにしていきましょう。高タンパク質のドッグフードというのは、他のフードと違ってお肉の分量が多いものとなります。半分以上がお肉を使っていて、その種類もラム肉やチキンなどになります。こうしてお肉を多めにしている高タンパク質のドッグフードを与えることで、脂肪分を少なく摂取させて、消化を良くしていくことができます。また、アレルギーの対策として高タンパク質のドッグフードを与えている人もいます。