お肉の入っている量をしっかり見る

高タンパク質のドッグフードでも、種類はたくさんありますので選ぶ時にはお肉の比率で高いものを購入するようにしましょう。高タンパク質のドッグフードと言われているものに関しては、お肉が半分以上入っていることがポイントとなります。半分以下ですと、高タンパク質のドッグフードとは言えません。高タンパク質のドッグフードといっても卵や乳製品などを多く使っているものは、避けましょう。

犬の食事には、お肉をメインにしてある高タンパク質のドッグフードを与えるようにしましょう。炭水化物を含んでいるものでも、トウモロコシや小麦など一切使っていないものを与えるのは良いです。しかしこれもお肉の量が多めで、炭水化物の量が少なめのものを選んで購入するようにしましょう。炭水化物が低いものは、消化率がとてもよくて、無駄のない栄養価を摂取することができます。多くのドッグフードには炭水化物が多く含まれていますので排便したときにわかりますが、量が多くなることが特徴的となります。

卵や穀物類などは、栄養価が高いものですが、犬にとっては体には、あまり良い影響を与えるものではありません。成分の量や、犬に与えても良いものか悪いものかの知識を持つことも飼い主には大切なことです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket