高タンパク質はクリアしているのか

高タンパク質のドッグフードも、お肉が入っている分量で良いものか悪いものか把握できます。安易に購入して与えてしまうことで反対に愛犬の健康を害してしまうものあります。高タンパク質のドッグフードは、基本的にお肉の量が多いことが絶対条件ですが、高タンパク質ということで、卵や乳製品などでたんぱく質を補っているものがあります。このようにお肉以外で補っている商品は、結果的にアレルギーを引き起こしてしまう可能性が高くなります。これまで何もなかったのに高タンパク質のドッグフードに変えてから、アレルギー体質になってしまったという犬もいますが、これはお肉の分量が低いものを与えてしまっているためなのです。リスクを負うのは、愛犬ですので飼い主がしっかりドッグフードの役割を把握して認識しておかなければなりません。せっかく健康維持のために高タンパク質のドッグフードを与えても、病気になってしまってはもともこもありません。

高タンパク質のドッグフードに関しては、低炭水化物のものを選ぶ必要があります。例えば穀物類を多く含んでいるものは消化がしっかりできずに消化不良を起こしてしまいます。下痢が続いてしまうことや、食欲がなくなるなどの症状が出てきます。犬というのは肉食動物で、時代の流れで食事も変化してきていますが体の機能は肉食のままです。穀物類を多く与えてしまうと当然消化不良を起こしてしまいますので、こうしたことは飼い主がきちんと理解しておかなければいけません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket