高タンパク質のドッグフードについて

高タンパク質のドッグフードのどこが良いのか。ドッグフードの中でも高タンパク質のドッグフードが理想のものだと言われています。これにはきちんと理由があり、犬はもともと肉食動物です。近年では、野菜や穀物もドッグフードの中には含まれていますがこれは時代とともに飼い犬として育てられる中で、残飯などを与えられて雑食に変化したと言われています。基本的に犬は飼い主を信頼して、嗅覚で確認し食べられるものだとはんだんすればなんでも口にしてしまいます。しかしなんでも食べるからと言っても、体のつくりは肉食動物のままなのです。このことから穀物類を消化することに関しては体の機能として発達していません。

このため、ご飯やパンなど人間が口にするものを与えた場合に消化不良を起こして下痢になってしまうことがあるのです。またアレルギーを引き起こしてしまう理由としても、肉以外の食べ物を与えるからだと言われています。犬の体を気遣うのでしたら、できるだけ肉を多く含んだドッグフードを与えるようにしていきましょう。高タンパク質のドッグフードというのは、他のフードと違ってお肉の分量が多いものとなります。半分以上がお肉を使っていて、その種類もラム肉やチキンなどになります。こうしてお肉を多めにしている高タンパク質のドッグフードを与えることで、脂肪分を少なく摂取させて、消化を良くしていくことができます。また、アレルギーの対策として高タンパク質のドッグフードを与えている人もいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket