お肉の種類は何がいいのか

基本的に、犬がアレルギーをもっていないのでしたらお肉の種類はチキンでもラムでも良いと考えます。同じように両方ともいくつかメリットがあります。高タンパク質のドッグフードでは、ラム肉やチキンを多く使っていることが一般的です。チキンは犬でしたら好き嫌いなく、食いつきがいいですしチキン自体の味も犬が好む味となっています。食いつきが良いことで毎日の食事として与えることに適しています。反対に少し癖があるのがラム肉ですが、チキンよりも消化は良いとされていますので、問題はありません。消化がよいので、便秘の改善にもなりますし消化不良を起こすことがありません。

飼い主がどちらのお肉を選んであげるのかは肉自体の癖や成分によっても違いますし、犬の食いつきによっても違います。愛犬が好んで食べそうな方を与えることが一番大切です。また、価格にも問題ないようでしたら毎日の食事として続けて与えていく事が大切です。健康維持や病気の予防策として高タンパク質であるラム肉やチキン使用のドッグフードを与えるようにしていきましょう。高タンパク質のドッグフードだからといって、どのタイプのドッグフードでも良いと言うわけではありません。愛犬に合った物を少しずつでも良いですので探していきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket